FRESH WATER

仁淀川で束釣り

2022-06-16

藤原無我

釣行日2022年6月15日 場所高知県越知町 仁淀川

釣果

鮎 12~21センチ 102匹

前日の雨で夜中に30センチ近く増水し、その後引き水となった仁淀川。
この日は越知町周辺の減水区間へ。黒瀬~柳ノ瀬周辺に比べると魚は一回り小さめですが、水量が少ないので、ダムから10トン程度までの放水量なら立ち込みが苦手な方でも安全に楽しめます。
10時頃から開始しますが朝は水温も低く低調気味。大石の散在する瀬~背丈ほどの深トロで石周りを丁寧に泳がせ数を重ねます。
鈎は刻の6.5号四本錨を使用。低活性時の弱いアタリでも拾ってくれるので重宝します。
昼休憩の後、膝から股下程度の水深の瀬肩から平瀬にかけてで、群れ鮎を追い回すヤル気満々の鮎があちこちで見え初め、静かに泳がせると入れ掛かりとなりました。
瀬肩の鏡の中では、目の前で掛かるので鈎掛かりの様子が丸見え。
快の6号四本錨を使い、ストレート鈎先の掛かりの速さを生かしさらに回転を上げる。
背がかり率も高く、15時頃からは時速20匹を超えるペースとなり17時30分に釣果を数えると89匹。
どうせなら束釣りにしようと再開し、30分ほどで13匹追加しました。
仁淀川ではアオノロも徐々に流れて減ってきており、今後も好釣果が期待できます。