FRESH WATER

仁淀川

2021-08-02

藤原無我

釣行日2021年07月29日 場所高知県越知町 仁淀川

釣果

鮎 15~24センチ 41匹

仁淀川は先日の大雨で増水し白川状態となってましたが、ここ数日で水位も落ち新アカも充分に乗り釣果も上向きです。
この日は越知町内の釣り場で、昼過ぎまでの三時間ほどの釣りでしたが良い釣果に恵まれました。
遡上が遅れ気味だった天然鮎も、20センチ近くまで成長しようやく活発に追い始めたようです。
今季の仁淀川はオトリを弱らせないように、柔らかい竿にメタルラインの組み合わせでオトリをしっかり底に張り付けるイメージで泳がせると反応が良いように感じます。そこで、穂先も付属の軟調チューブラに交換してます。
時折、24センチほどの放流鮎もかかりますが、胴に乗る竿でじっくり寄せて取ると安心です。
越知周辺以外にも、黒瀬や柳瀬といったポイントでも好釣果が出てます。
こちらは鮎も大きく水量もあるのでワンランク強い竿がおすすめです。

鮎の関連レポート