NEW がま磯 スーパープレシード

柔よく剛を制す、至極の本調子

振出

名竿の名をほしいがままにした、あの伝説のプレシードシリーズがここに復活しました。圧倒的なトルクとねばりで時代を席巻した初代「プレシード」と二代目「プレシードスペシャル」。続く三代目「スーパープレシード」では魚をいなす曲がりと操作性が両立する「至極の本調子」を完成させました。スーパープレシードが目指した「至極の本調子」は、まるで限界が無いかのようにどこまでもスムーズに曲がり込むことでパワーロスと伝達ブレを払拭し、ねばりと操作性を兼ね備えた調子です。また、伝統を重んじた「がま磯」の中でセンセーショナルに輝くそのデザインは、”プレシード”という特別な存在を継承しています。唯一無二の釣り味とデザインを愉しめる一方で、高い対応力を持つ”スーパープレシード”。今だからこそ求められるその性能は時代を超えて受け継がれるものになるでしょう。

ラインナップ

0.2号

「曲げて楽しく」「0号より安心感」がコンセプトで、竿全体のトータルバランスがよく障害物周りでも余裕をもってチヌとのやり取りが可能です。「味わい深い釣り味」が感じられる一振りです。

0.6号

やりとりの際に竿が叩かず気持ちの良い釣り味が楽しめます。小型~大型のチヌ釣りに幅広く対応します。

1号

タフで喰い渋った魚を細ハリスで釣る際に最適。小~中型の口太グレや大型のチヌに対応します。

1.25号

メインターゲットは口太グレ。竿が柔軟であるため細ハリスでも安心して取り込めます。

1.5号

中~大型の口太グレをメインに設計。柔軟に曲がり込んでからのパワーは、中型の尾長グレにも対応します。

1.75号

メインターゲットは尾長グレ。尾長グレに対応するパワーはありつつも柔軟な調子が細ハリスをいたわり獲りこめます。

2号

操作性を失わずに柔軟に曲がりこむ調子で、大型の尾長グレにも対応できるパワーを持ちます。

リールシート

べたつき防止処理

製品スペック

がま磯 SUPER PRECEDE (がまいそ スーパープレシード)

品名コード号数標準全長(m)希望本体価格(円)標準自重(g)仕舞寸法(cm)使用材料(%)モーメント継数(本)先径(mm)錘負荷(号)適正ハリス(号)JANコード

NEW

221860.25.397,500200116.0C99.3 G0.720.150.751~30.6~1.754549018672831

NEW

221850.65.398,000205116.0C99.4 G0.620.850.751~30.6~24549018672848

NEW

2217715.399,000213116.5C99.5 G0.522.350.751~31~34549018664461

NEW

221781.254.798,500200104.5C99.5 G0.517.950.751~41~34549018664478

NEW

221781.255.099,500210110.0C99.5 G0.521.050.751~41~34549018664485

NEW

221781.255.3100,000227116.5C99.5 G0.524.650.751~41~34549018664492

NEW

221791.55.0100,500217110.0C99.5 G0.521.850.751.5~41.25~44549018664508

NEW

221791.55.3101,000235116.5C99.5 G0.526.050.751.5~41.25~44549018664515

NEW

221801.755.0101,500240110.5C99.5 G0.524.750.82~51.5~44549018664522

NEW

221801.755.3102,000250116.5C99.5 G0.527.850.82~51.5~44549018664539

NEW

2218125.0102,500245111.0C99.5 G0.525.650.82~51.5~54549018664546

NEW

2218125.3103,000258117.0C99.5 G0.529.050.82~51.5~54549018664553
全国釣竿公正取引協議会認定第9471号

C=カーボンファイバー、G=グラスファイバー
※モーメント=標準自重(kg)×竿尻から重心までの長さ(cm)
※上記の竿はエポキシ樹脂を使用しています。
※希望本体価格には消費税は含まれておりません。

ソリッドタイプの先端部はアクション上、繊細なカーボンソリッド(チューブラとの継穂)を使用しております。先端の一部に荷重が集中しますと、破損の原因となります。ラインのカラミ、ケースなどの収納時、移動などの取り扱いには十分ご注意ください。

関連レポート