がまかつ

HOME

  • 会社概要
  • お知らせ
  • 製品情報
  • イベント情報
  • 釣り情報
  • 採用情報

外部リンク

がま磯 マスターモデルII 尾長

数々の大物を仕留めてきた“強者”へ。

振出


極胴調子が強烈な個性を放つ―
ある性能を極める(マスターする)こと。
マスターモデルの名を継承するにおいて、磯竿における最重要命題である「粘り」を極限まで突き詰め、普通とは全く異なる強烈な個性を持った竿を開発。
最大の特徴は超細身のブランクスが生み出す柔軟な粘りにあり、“がま磯”シリーズで最も胴調子(極胴調子)に仕上がっています。 穂先と♯2を少し強めに、♯3~元竿までは超細身かつ柔軟に設定。
そのため低負荷時には張りがあり、胴調子のような感じはしませんが、高負荷が掛かれば竿がムチのようにしなり、大物の強烈な突進を柔軟に受け止め、ライン強度を最大限に活かしながらテクニカルなやりとりができます。

がま磯の歴史を継承しながら、最新の装備を搭載―
前作のマスターモデル尾長で細身肉厚設計のためにセパレートグリップを採用し、スーパーアクティブサスデザインを搭載したのがアテンダーIIでした。
ここからさらに飛躍するきっかけとなったのが、PCSとT1100Gとの融合です。
ネジレに弱いという細身設計の弱点を、PCSによるネジレの抑制で見事に克服。
強い負荷がかかった際でも竿がブレることなく魚の引きを受け止めながら美しくあしらうことを可能にしました。
また、胴調子の竿にありがちなダルい振り感も、T1100Gカーボンを使用することで竿ダレが少なく、比較的操作しやすい竿に仕上がっています。そして何より、T1100Gの最強の強度によって限界まで細身にすることが可能となり、非常に粘り強い調子に仕上がりました。
リールシートは全機種スクリューシートを採用。リールをがっちりと固定できます。
手に触れるフード部分はゴム素材を採用し、滑りにくくしっかりと握れます。

こだわりはデザインにおいても―
強烈な個性を放つマスターモデルオリジナルデザイン。
口太は透き通った海のライトブルー、尾長は黒潮の効いたディープブルーをそれぞれイメージカラーとし、細部にまで使いやすさと装飾にこだわった、まさにマスターモデルにふさわしい仕上がりです。

Mタイプ

尾長調子で1.5 号を作ったというイメージの竿。従来がま磯は、尾長調子は1.75 号からでしたが、1.5 号クラスの硬さに尾長調子の粘りと強度をプラス。細身の見た目からは想像できないような芯の強さを持っています。「口太グレに交じって40cm~ 40cm 後半の尾長グレが喰ってくる」という状況に最適です。特大尾長が出る限られた磯を除けば、尾長が釣れる場所の多くがこういった状況ですので多くの磯で活躍できる竿です。

MHタイプ

50cmオーバーの尾長グレを狙うのに最適。50cmを超えた尾長は想像を絶する強烈な引きをみせますが、PCSとT1100Gを搭載した粘強ブランクスが竿ブレを抑えつつ引きを吸収し、じわりじわりと浮かせます。

Hタイプ

60cmクラスの巨グレを狙える強力な一振り。硬さではなく、粘りで強度を出しているので、一番対応が難しい「巨グレの最初の突進」を受け止めることができます。そして胴に乗せて曲げるようなやりとりをすることによって、走らせないように弱らせることができます。

HHタイプ

パワーは2.75 号よりも少し強めの設定。肉厚ブランクスから生み出される圧倒的トルクが巨グレを浮かせます。離島遠征、夜釣り等でまだ見ぬレコードクラスを狙うために開発された超粘強ロッドです。

  • IMガイド

    チタンフレーム・SICリングを楕円および傾斜させることにより、糸ガラミの減少・糸通りの良さを追究。TOPガイドもラインが巻き付きにくい構造になっています。元上部に足高フリーガイドを搭載し、トータルバランスに優れたガイドシステムを構築しています。

  • リールシート

    ラバー付きスクリューシートを採用。ステンレスフード部はラバー焼付処理により、寒冷期の冷たさを排除、グリップ力がアップ。ボディのラバーには適所に凹凸形状を施してあるので高いグリップ性能と撥水性を備えた設計。

  • ガイド合わせマーク(#1〜元竿)

    ガイド合わせマーク付きで釣り場でのセッティングがスムーズです。

  • 替尻栓+エンドグリップ

    使用用途によって使い分けが可能なバランサーウエイト尻栓を付属。(替尻栓:21.5g(写真手前)標準尻栓:5.5g(写真奥))尾長のみロッドエンドにエラストマー製グリップを採用。

  • ノンスティック(#2〜元上)

    竿表面に凹凸を施すことにより、ラインへのベタつきを抑え、操作性や飛距離を高めます。

  • 中竿・玉口

    玉口は深みと存在感のあるメタリックレッドをあしらい、中竿にはPCS 構造が視認でき、他の竿には無い高級感と力強さを表現。

  • 化粧リング

    グリップ上部の装飾リングにはマスターモデルならではのこだわりを盛り込んだ口太グレ、尾長グレそれぞれのシルエットをレーザーマーク加工。

がま磯ポジショニングマップを表示

マスターモデルIIポジショニングマップを表示

製品スペック
品名
コード
タイプ 標準全長
(m)
希望本体価格
(円)
標準自重
(g)
仕舞寸法
(cm)
使用材料
(%)
モーメント 継数
(本)
先径
(mm)
元径
(mm)
錘負荷
(号)
適正ハリス
(号)
22071 M 5.0 123,500 253 110.5 C99.4 G0.6 23.1 5 0.8 17.3 1.5~4 1.5~4
22071 M 5.3 125,000 268 117.0 C99.4 G0.6 26.4 5 0.8 17.3 1.5~4 1.5~4
22072 MH 5.0 125,500 265 111.0 C99.5 G0.5 24.8 5 0.9 17.3 2~5 1.75~5
22072 MH 5.3 127,000 278 117.5 C99.5 G0.5 28.6 5 0.9 17.6 2~5 1.75~5
22073 H 5.0 127,500 280 111.5 C99.5 G0.5 27.0 5 0.9 17.6 2~6 2~6
22073 H 5.3 129,000 295 117.5 C99.5 G0.5 31.3 5 0.9 18.6 2~6 2~6
22074 HH 5.0 129,500 295 111.5 C99.5 G0.5 29.9 5 1.0 18.6 2~7 2.25~7

(全国釣竿公正取引協議会認定第8341号)
※この商品の元径はエンドグリップの端を計測しております。
※ T1100G…TORAYCA(R)“T1100G”とは、東レ(株)が次世代航空宇宙向けに開発した、世界最高クラスの引張強度を誇る、高強度かつ高弾性化を図った炭素繊維です。
※『NANOALLOYR(ナノアロイR)』技術とは、複数のポリマーをナノメートルオーダーで微分散させることで、従来材料と比較して飛躍的な特性向上を発現させることができる、東レ社独自の革新的微細構造制御技術です。 C=カーボンファイバー、G=グラスファイバー
※モーメント=標準自重(kg)×竿尻から重心までの長さ(cm)
※上記の竿はエポキシ樹脂を使用しています。
※希望本体価格には消費税は含まれておりません。

オーダー限定品についてオーダー限定品について

販売店リスト販売店リスト

パーツ価格表パーツ価格表

がまかつ