FRESH WATER

【鮎】藤井夢人(島根県 益田市)

2015-06-02

藤井夢人

釣行日2015/06/01 場所島根県 益田市 高津川

釣果

12cm〜16cm 21匹

2015年6月1日。多くの河川同様に地元高津川も解禁した。今年の高津川は天然遡上が少ない上に4月下旬ごろからと遅かったため、梅雨明けまでは放流鮎がメインになりそうだ。

釣り仲間4人で匹見町の千原堰堤上の河原に集合し、釣り談義を交わしながら朝を迎えた。

昨年の解禁日は午前中0匹だったため、心配とワクワクが入り交じった気持ちで午前7時に「まず1匹」と思いつつ釣りを開始。

開始30分、オトリが群れ鮎の中で遊んでいると「キランッ」今年最初の鮎がタモの中に飛んできた。14cm。まずまずのサイズが新製品のがま鮎競技スペシャルV6を曲げてくれた。

オトリを交換し群れ鮎の中に戻す。15分後2匹目が掛かる。入れ掛かりにはならないがポツポツ掛かり、昼までに14匹掛けることができた。

昼はBBQをしながら小休止。またしても鮎釣りの話題が尽きない。

午後は2時間。瀬の流れの中でオトリを止めていると穂先に「コンコンッ」竿でためてタモに飛ばす。今日一番の16cm。瀬の中のためか水温が上がったせいなのか、きれいに追星が出ている。

その瀬の中で掛かる鮎はすべて美しい追星が出ていた。それから6匹追加し、21匹で解禁日を終了した。

新製品の「がま鮎 競技スペシャルV6 引抜早瀬」は前作よりも持った感じは軽く、ソリッド穂先でも感度も良く張りもある。しかし固い訳ではなく、小さい鮎にも対応できる。今年のメインロッドになりそうだ。

高津川は6月1日現在、まだまだ河口付近に遡上鮎が見える。盛期にもっともっと良くなることに期待したい。