FRESH WATER

【鮎】藤井夢人(島根県高津川左鐙)

2013-10-27

藤井夢人

釣行日2013/08/19 場所島根県高津川左鐙

釣果

14cm〜20cm 62匹

盆の連休は、鮎師達で賑わった高津川。

しかし、大雨が降ってから匹見川には大勢の方が行かれるが、本川には人出が少ない。

本川は大水が出て2週間竿が出せなかったが、それにしても少なすぎる。

連休明けの19日、盆のに人が入り続けてハイプレッシャーの匹見川を避け、竿抜けポイントの多い本川へ出かけた。

場所は左鐙の畳。ここは道路から川が覗け、鮎の姿を確認してから川に入れる。

出発時間が遅かったものの、先客はおらず入川できた。

道路からも瀬肩に鮎の姿が確認でき気合が入る。

いつものようにがま鮎競技スペシャルV5とメタブリッドの0.03で瀬の中から攻める。

すぐに1匹目が掛かる。囮を替えもう1度瀬の中へ。

すると2匹目もすぐに掛かる。3匹目、4匹目と掛かったとこで止まる。

その後30分で3匹しか掛からない。瀬の中では掛かりが悪いのか、道路から鮎の姿が良く見えた瀬肩に移動。

囮をつけゆっくり上へ登らせる・・・。気持ちよく目印が飛んでいく。

慎重にタモに入れもう一度上へ・・・。また目印が飛んでいく。

そこからコンスタントに掛かり、途中に昼休憩をはさみ夕方までに62匹と満足いく釣果だった。

そのほとんどが泳がせ釣りでラインはメタブリッド。

比重が軽いため、細いフロロ感覚で泳がせられ、尚且つ掛かってから良く走るこの時期の鮎にも、ラインが石にあたって切られる心配もないので欠かせないアイテムです。

まだ本川は人が少なく竿抜けポイントも沢山あり、鮎もまだまだ見えるのでポイント次第で好釣果に恵まれると思われます。

しかし大水の後で、木の枝や草の根などが石の間に挟まっているので、根掛かりは少し多めです。

朝晩は少し涼しくなってきましたが日中はまだまだ暑いので、熱中症には注意して楽しい鮎釣りをしましょう。

タックルデータ

ロッド

がま鮎 競技スペシャルV5 引抜早瀬90

A1凌刃7号 T1刻7.5号 4本錨

ライン

仕掛け天井糸 0.4号、水中糸 メタブリッド0.03号、中ハリス 0.6号、頂上ハナカン 6号、競技サカサ 1号、ハリス 1.2号