SALT WATER

まだまだ釣れるキス

2021-12-02

小野山太

釣行日2021年11月28日 場所静岡県浜松市

釣果

キス37匹

11月末、気温が下がりキスの釣果が少なくなってきた。
そろそろキスのシーズンは終わりかと思われていたところ、半日でキス150匹(13センチ~23センチ)釣れたとの素晴らしい情報を受け、次の日に竿を出す事を決定。
明るくなり始めから竿を出す。
1投目、3色投げてゆっくりとさびく。
すると1色半でプルプルとアタリは小さいがキスのアタリをとった。
そのままさびいて他の針にも掛けようとしたところ、グングン引っ張るアタリ!なんだ?横の釣り人と絡んでないか見たが大丈夫みたいだ。
魚か?丁寧にリールを巻き、引っ張られたら竿のしなりを使い仕掛けが切れるのを防ぎやりとりを行いやっと上がって来たのはヒラメだった。
サイズは38センチ、投げ釣りの醍醐味の一つでもある何が釣れるかわからない「嬉しい外道」の登場である。
同じポイントを攻めると小さいがアタリがきた。
周りに根があるようでアタリがきても根にかかってしまい仕掛けが切れてしまうことも。
何度か投げてどこに根があるかを把握する。
そこを避けてキスのいる場所を探る。
1色半から半色で10センチ~15センチがパラパラ釣れるのみ。
日が昇ってきたが昨日より濁りがあるようで、潮も悪く釣果はいまいち伸び悩む。
「昨日は釣れたのに」は釣り人なら誰しもが経験した事だと思う。
今日はキスの顔を見れただけでもラッキーか?潮が動きだし、周りの釣り人がキスを釣っている。
手前にいるみたいだ。
錘が確認できるくらいの距離でプルプルとアタリが来た。
回収するとキスの4連掛け。
その後潮の色も良くなりやっと活性が上がってきた。
サイズは小さいが半色~力糸の距離で最高5連掛けに成功。
12時まで行い10センチ~16センチのキスを37匹釣ることが出来た。
昨日みたいな大きいキスは混じらなかったがキスの連掛けが楽しめた。
これからもキスを探しに竿を出していきたい。

タックルデータ

ロッド

がま投 GEASYS X 30-405

がまかつ 競技キススペシャル6号

ライン

砂紋PE X8 0.8号

エサ

赤イソメ(ジャリメ)