がまへら 天輝

「中硬式胴調子」伝統とテクノロジーの融合

並継

7、8、9、10にソリッドトップ(チューブラとの継穂)を採用しています。
11、12、13、14、15にチューブラトップを採用しています。

従来の概念を払拭し、継数を増やすことで実現した中硬式胴調子。中硬式という中間的な硬さでありながら、それ以上の力を秘めた調子です。竹はカーボンよりはるかにやわらかい繊維構造を持っていますが、大型べらでもじわりじわりと浮かすことのできるトルクを秘めています。その秘密は竹の節にあります。節があることにより、竹の断面が楕円に潰れようとするのを防ぎ、パワーを発揮できるのです。そこに着目し、天輝は継数を増やすことにより、硬さを出すことなく、パワーを引き出しています。また、超低弾性カーボン~高弾性カーボン、グラスなど多種多彩な材料を細かく使い分けることによりパワーだけでなく、美しい曲がりと粘りを発揮。特に、穂先と穂持ちが飛躍的に進化しました。従来では、「穂先」という1本のセクションのみで繊細さとパワーを両立させなければならなかったのですが、これを2つに分けることにより各セクションの役割をさらに強調できるように設計しました。また、ノイズフェーダーを採用することで、タタキや細かな振動を極力抑えます。これによりカーボンロッドの最大の弱点を最大限緩和し、心地よい使用感を実現。さらに、PCS(パワークロスシステム)を採用することによって、振り込みやへらを寄せる際のブレを極力なくしています。

ラインナップ

7~10
繊細な穂先とパワーのある穂持ちで小ウキの振り込みが容易です。超低反発カーボンを採用することで弾力性のある竿に仕上がっていますので、釣り人が思うままに大型べらをあしらうパワーを秘めています。
11~15
張りを抑えたしなやかな振り調子ですが、そのイメージとはまったく異なるパワーを秘めています。硬さではなく粘りで大型べらでも遊ばれることなく取り込みができます。
穂先
ヘビ口が回転し糸のヨレやカラミを防止する「からみ防止」付き。
竿袋と上栓

製品スペック

製品スペック

品名コード尺数標準全長(m)希望本体価格(円)標準自重(g)仕舞寸法(cm)使用材料(%)モーメント継数(本)先径(mm)元径(mm)適正ハリス(号)JANコード
2002572.154,0004959.5C88.3 G11.72.741.18.20.3〜14549018171228
2002582.459,5005968.0C84.1 G15.93.841.18.70.3〜14549018171235
2002592.766,0006377.5C93.2 G6.84.941.18.80.3〜14549018171242
20025103.070,5007488.0C99.9 G0.16.441.19.30.3〜14549018171259
20025113.378,0008078.0C98.6 G1.47.451.310.40.3〜14549018171266
20025123.685,0008585.0C98.7 G1.38.551.310.40.3〜14549018171273
20025133.992,0008993.0C98.7 G1.310.051.310.50.3〜14549018171280
20025144.299,0009686.0C98.8 G1.211.761.311.00.3〜14549018171297
20025154.5106,0009892.0C99.0 G1.012.961.311.60.3〜14549018171303
全国釣竿公正取引協議会認定第7359号
C=カーボンファイバー、G=グラスファイバー
※モーメント=標準自重(kg)×竿尻から重心までの長さ(cm)
※上記の竿はエポキシ樹脂を使用しています。
※希望本体価格には消費税は含まれておりません。

関連レポート