海上釣堀 エクスペクター

海上釣堀を極める

振出

がまかつの海上釣堀竿では初となる魚の引きを受け止める胴部分をカーボンのみで成形したロッドです。カーボンを細身肉厚に成形することにより、究極の粘り調子が完成しました。魚の引きに対して竿を曲げて耐えていれば、胴部分の粘りがグイグイ魚を浮かせます。曲げれば曲げるほど粘りを発揮する竿なので、元竿まで曲げて魚の引きを堪能して下さい。現在の海上釣堀の状況に的確に対応するため、へちタイプとズボタイプの2機種をラインナップ。また、安心して魚とのやりとりが楽しめるようスクリューシートを採用。穂先へのラインがらみを極力減らすためオールIMガイド仕様。へち釣りやズボ釣りの際に目感度向上のため、白穂先を採用しています。

ラインナップ

へち

何よりこだわったのが穂先感度です。繊細さと強度に優れるスーパートップ2を穂先先端部に採用したことで、海上釣堀の網際にて行動する真鯛・シマアジ・イサキ等をより繊細に攻めることができます。シラサエビが対象魚に捕食される寸前のエビジャンプの動きが穂先で感じ取れるほどの感度を実現しました。感度に優れており魚が餌に対して行うアクションが穂先を通じて感知できるため、居食いや喰い渋りを攻略する際には大きなアドバンテージです。また、繊細な穂先はダンゴ餌や生餌も違和感無く魚に食わせるための誘い演出ができます。

ズボ
メインターゲットは青物。青物を釣るための餌は活きアジ・イワシ・冷凍カツオ・冷凍イカ等、重量のある餌が主流です。その餌を自在にコントロールできるようにするため、穂先は太めに設定し張りを持たせています。青物が餌を咥えた際に、急激なテンション変化を感じると餌を離しがちです。そのため、穂先のソリッド部分だけ曲がり込む調子ではなく、#1全体で曲りこんで喰わせるため、魚に違和感を与えません。また、張りのある穂先を採用したことで、ウキ釣りにも対応しています。

製品スペック

製品スペック

品名コードタイプ標準全長(m)希望本体価格(円)標準自重(g)仕舞寸法(cm)使用材料(%)モーメント継数(本)先径(mm)元径(mm)錘負荷(号)適正ハリス(号)JANコード
20074へち2.543,00016095C98.9 G1.17.930.814.00〜62〜64549018500455
20074へち3.046,000175112C98.8 G1.210.830.814.00〜62〜64549018500462
20077ズボ3.549,000210100C99.4 G0.616.641.016.30〜123〜104549018500479
20077ズボ4.051,000240116C99.5 G0.521.841.016.80〜123〜104549018500486
全国釣竿公正取引協議会認定第8530号

C=カーボンファイバー、G=グラスファイバー
※モーメント=標準自重(kg)×竿尻から重心までの長さ(cm)
※上記の竿はエポキシ樹脂を使用しています。
※希望本体価格には消費税は含まれておりません。

 

※ ソリッドタイプの先端部はアクション上、繊細なカーボンソリッド(チューブラとの継穂)を使用しております。
先端の一部に荷重集中しますと、破損の原因となります。
ラインのカラミ、ケースなどの収納時、移動などの取り扱いには十分ご注意下さい。

関連レポート