がま鮎史上最軽量ロッド!がま鮎ダンシングマスター

2021-01-25

実釣動画

がま鮎 ダンシングマスター

 

軽快に、そして艶やかに川を愉しむマスターの称号を与えられたがま鮎史上最軽量ロッド “究極に楽な竿” ―

 

サプライヤーにリクエストを繰り返しながら、いままでがま鮎に使われてこなかった特殊カーボンを使うことで、M8.5mで169gというがま鮎史上最軽量を実現しました。シリーズの特徴である高い風切り性能と相まって、特に、風のあるフィールドでの持ち重りの軽さは他の追随を許しません。渓流竿を保持しているかのような感覚で、一日中竿を握っていても、集中力を切らせることなく繊細な釣りを続けることが可能です。まさに、“究極に楽な竿”です。

 

異次元の高感度を獲得 ―

 

まるでワンピースロッドかのようなスムーズな弧を描く継ぎの技術、スーパーASD(アクティブサスデザイン)を採用した粘りのある胴調子が基本調子。その胴調子のネックとなっていた「感度がやや落ちる」ファクターにも積極的に手を入れました。テスターとフィールドテストを数多くおこない、ベストな継番の長さや、継ぎ目の仕組み、穂先の構造を新たに確立し、従来の粘り系胴調子竿では不可能といわれていた異次元の高感度を獲得しています。 標準穂先にはテクノチタントップを搭載。引き抜き性能と感度を同時に追い求める鮎師に最適です。さらに、替穂にはSIIソリッドが付属。より繊細なコントロールが要求されるシーンで活躍します。

 

艶やかに川を愉しむ ―

 

コスメティックにもこだわりました。鮎が川で遊びまわり戯れ、そして踊る姿をあしらいました。描かれた鮎が光の加減によって見せる“艶”にも注目です。使って楽だけではなく、見ても楽しいコスチュームに仕上げています。性能とともにまさに“川を愉しむ”ための竿になっています。

 

Hタイプと7.5mを追加

 

Hタイプと7.5mシリーズを追加。もともと軽い7.5mですが、ダンシングマスターの7.5mは別格の軽さ。まるで6.3mの渓流竿を持っているかのような操作感で支流や小河川で大活躍してくれます。

 

■商品詳細はこちら

 

https://www.gamakatsu.co.jp/products/23093/