ホーム > がまかつの製品について > がまかつ製品検索結果 > がま磯 カゴスペシャル IV

がま磯 カゴスペシャル IV

チューブラステンガイドガイド合わせマークラバー付きスクリュー型シート

※実際の商品と掲載写真は異なる場合があります。

より遠く、未踏の領域を攻める

軽快に扱えるスピニング仕様

カゴ釣りにおける遠投性能と大型魚とのやり取りに重点をおいて開発。ASD(アクティブサスデザイン)により効率よく胴部までパワーを伝え解放できる遠投仕様。
また、史上最強クラスの引張強度を誇る東レの炭素繊維 “TORAYCA (R)” T1100Gと、“ナノアロイ(R)” 技術適用樹脂を採用することで強度確保と軽量化を図り、持ち重りを排除したシャープな振り抜けを実現しています。
がま磯 カゴスペシャルIIIより穂先部に張りを持たせ、穂先部を若干短くしウェイト移動をスムーズにして投げやすくしています。元部の張りも若干強めにし、シャープさがアップしています。

スピニング3号

シャープな振り抜きと持ち重りのない抜群の操作性を備えた軽快モデル。マダイ・イサキ・グレ・メジロなどに対応。

スピニング3.5号

軽快さと振り抜きを重視しながら、パワーを融合した新設計モデル。マダイ・大型グレ・メジロなどに対応。

スピニング4号

気持ち良く振り抜け、やりとりで遺憾なく発揮する胴部の粘り腰。大型マダイ・大型グレ・ブリ・ヒラマサなどに対応。

スピニング4.5号

軽快さの中に秘める圧巻のパワー。豪快に投げ、大型魚を制する剛腕モデル。ブリ・ヒラマサなどに対応。

ベイト3.5号

胴部にパワーを伝えやすい調子に設定。反発力を高めた気持ち良い振り抜けの遠投能力が自慢。マダイ、大型グレ、メジロなどに対応。

ベイト4号

ロッド全体にパワーを乗せて豪快に投げられる圧倒的な遠投性能を備える。驚異の粘り腰で大型魚と対峙できます。大型マダイ、大型グレ、ブリ、ヒラマサなどに対応。

対象魚
ブリ
クチブトグレ
オナガグレ
アマダイ
カツオ
ヒラマサ
イサキ
がま磯 カゴスペシャル IV(全国釣竿公正取引協議会認定第8082号)
品名コードタイプ号数標準全長(m)希望本体価格(円)標準自重(g)仕舞寸法(cm)使用材料(%)モーメント継数(本)先径(mm)元径(mm)錘負荷(号)適正ハリス(号)
22035スピニング35.370,000335121.5C99.1 : G0.944.451.925.65〜153〜10
22051スピニング3.55.371,000345122C99.1 : G0.946.652.125.66〜183.5〜10
22052スピニング45.372,000355122.5C99.0 : G1.049.352.226.68〜204〜12
22053スピニング4.55.373,000375122.5C98.9 : G1.153.452.526.610〜255〜14
22054ベイト3.55.876,000398116C99.2 : G0.860.3 62.326.66〜183.5〜10
22054ベイト3.56.379,000445125C99.3 : G0.772.8 62.327.66〜183.5〜10
22055ベイト45.374,000368125.5C99.0 : G1.049.9 52.526.68〜204〜12
22055ベイト45.877,000443116.5C99.3 : G0.767.8 62.527.68〜204〜12
22055ベイト46.380,000488126C99.3 : G0.782.7 62.527.68〜204〜12

※T1100G…“T1100G”とは、東レ(株)が次世代航空宇宙向けに開発した、世界最高クラスの引張強度を誇る、高強度かつ高弾性化を図った炭素繊維です。
※『NANOALLOY(R)(ナノアロイ(R))』技術とは、複数のポリマーをナノメートルオーダーで微分散させることで、従来材料と比較して飛躍的な特性向上を発現させることができる、東レ社独自の革新的微細構造制御技術です。
C=カーボンファイバー、G=グラスファイバー
※モーメント=標準自重(kg)×竿尻から重心までの長さ(cm)
※上記の竿はエポキシ樹脂を使用しています。
※希望本体価格には消費税は含まれておりません。

検索をやり直す

●対象魚
●製品のジャンル
●釣りのジャンル
エサ釣り
●釣りのジャンル
ルアー・フライ
●フリーワード検索

フリーワード検索窓に入力すると上の検索条件は無視されます。

※フリーワード検索では商品名、JAN CODE、商品コードでのキーワード検索が可能です。

がまかつのフックには様々な釣種・対象魚で使用できるものがあります。
そのため、選択ボタンが複数のジャンルにわたって表示されることがあります。

ページの先頭へ