ホーム > がまかつの製品について > がまかつ製品検索結果 > がまへら 結月(ゆづき)

がまへら 結月(ゆづき)

ノイズフェーダーリリアンソリッドチューブラ

※実際の商品と掲載写真は異なる場合があります。

しなやかに 味わい深く そして強く

経験則でただ流れるだけの従来からの固定観念を覆し、あえて竹竿のようなフィールを実現するため印籠継ぎを採用した「がまへら 結月」。誤解を覚悟で申し上げますが、へら竿は、特に短尺では「感度がよい竿は好まない」こと。
純度の高いカーボンを使用した竿ほど、魚を掛けたときに暴れやすく、結果、竿を叩くというアクションが現れ釣り味に欠けます。かといって、グラスではパワー不足。
そんなジレンマを解決したのが、ガラス印籠です。本体にはカーボンを使い、印籠棒にはガラス印籠を採用しました。その結果、竿のブランクスパワーでなんなく魚を浮かし、そして、継ぎに配置したガラス印籠で振動を吸収し、美しい弧を描きながら釣り味をも追求できるという、二律背反を鮮やかに具現化した竿ができあがりました。
さらに、グリップ部には余分な振動を瞬時に収束する「ノイズフェーダー」を採用することで、ガラス印籠のよさを引き立てています。近年の管理釣り場におけるへらの大型化に伴い、軟調子の竿は徐々に減り、釣り場での主役はパワーロッドに偏重してきています。
その中で、しなやかに振動を吸収し、へらを暴れさせずに浮かす「がまへら 結月」は、へら竿の新たな魅力を感じさせてくれる進化系「軟式胴調子」に仕上がっています。

印籠継を採用(#1のみ並継)。
印籠棒の部分には振動吸収性に優れるガラス繊維をしています。
グリップ内に内蔵している制振材のノイズフェーダーと相まって、結月の竹竿のようなしなやかな味わいを実現しました。
彫刻による立体加工で彫り込んだ銘に、手作業による墨入れを施すことで竿に魂を吹き込みます。
繊細な作業により、趣を増す仕上げとなっています。
各継番をそれぞれ個別に収納する竿袋(※#1のみ元竿内に収納)。
ちりめん調の表生地を使用した上品な風合いに仕上がっています。
竹柄段巻仕上げ。
何層にも塗り重ねることで深みのある色合いを実現。
竹を再現した模様は職人の手によって1本1本ハンドメイドで柄入れをしています。
そのため全く同じ模様の竿は存在しません。
凹凸のある荒巻仕立て握りにより、滑りを抑え安定感のあるグリップ力を発揮します。
表面には手の当たりは極力ソフトになる加工がしてあり、長時間の使用でも手が痛くならない工夫があります。
本体にはカーボンを使い、印籠棒にはガラス印籠を採用。
カーボン特有のパワーでなんなく魚を浮かしつつ、継ぎに配置したガラス印籠で振動を吸収する。
その固定観念を覆した竿は、近年の大型化するへらに対応しながらも、美しい弧を描きながら釣り味を追求した曲りになります。
対象魚
ヘラブナ
がまへら 結月(ゆづき)(全国釣竿公正取引協議会認定第8084号)
品名コード品番標準全長(m)希望本体価格(円)標準自重(g)仕舞寸法(cm)使用材料(%)モーメント継数(本)先径(㎜)元径(㎜)適正ハリス(号)
2004872.140,0004562.5 C 63.8 G 36.22.5 41.17.30.2~0.8
2004882.443,0005270.0 C 67.5 G 32.53.5 41.17.90.2~0.8
2004892.748,0006178.5 C 70.7 G 29.34.6 41.18.50.2~0.8
2004810352,5006589.5 C 73.9 G 26.15.8 41.18.50.2~0.8
20048113.358,0007576.5 C 60.1 G 39.97.3 51.190.2~0.8
20048123.661,5008384.0 C 62.2 G 37.88.7 51.29.50.2~0.8

※12尺のみ#1がチューブラ仕様
※C=カーボンファイバー、G=グラスファイバー ※モーメント=標準自重(kg)×竿尻から重心までの長さ(cm) ※上記の竿はエポキシ樹脂を使用しています。 ※希望本体価格には消費税は含まれておりません。

検索をやり直す

●対象魚
●製品のジャンル
●釣りのジャンル
エサ釣り
●釣りのジャンル
ルアー・フライ
●フリーワード検索

フリーワード検索窓に入力すると上の検索条件は無視されます。

※フリーワード検索では商品名、JAN CODE、商品コードでのキーワード検索が可能です。

がまかつのフックには様々な釣種・対象魚で使用できるものがあります。
そのため、選択ボタンが複数のジャンルにわたって表示されることがあります。

ページの先頭へ