ホーム > がまかつの製品について > がまかつ製品検索結果 > がま渓流 本流SPECIAL

がま渓流 本流SPECIAL

ダイレクト式回転トップチューブラ50マルチシステム

※実際の商品と掲載写真は異なる場合があります。

本流でのスタイルに合わせたラインナップ。

場所によって流れの強さや、釣れるサイズが異なる渓魚を相手にするため、繊細仕掛でスレた大物を狙うタイプと、大物にパワー勝負を挑めるタイプの2種類をラインナップ。
対象魚はアマゴ、山女魚、イワナ、ニジマス、サツキマス、サクラマスなど幅広く対応しています。

MH

モーメントバランスを考え、持ち重りを極力軽減。
長竿とは思えない軽さと竿さばきを実現しました。喰い渋り時のスレッカラシを狙えるように、しなやかな振り調子で細ハリスに対応。
振り込み、誘い、あわせまで思い通りの操作性を実感できます。尺上が相手でも、掛けたあとにタメをつくることで暴れさせることなく寄せることが可能。
取り込みを考慮して50cmマルチを搭載しています。

H

細ハリスで尺ヤマメ・尺アマゴに先手が打てるロッド。
MHタイプよりも胴部分のパワーを上げているため、ワンランク上の強引なやりとりが可能です。
風の影響を最小限に抑えるため細身肉厚設計を採用しています。
取り込みを考慮して50cmマルチを搭載しています。

XH

操作性がよく、魚を掛けるまでのストレスを感じさせない先調子のロッド。振り調子は先調子でありながらも、しなやかな胴を持っていますので、小型渓魚のロッドの叩きによるバレも防ぎます。XHというハイパワーランクですが、小型から大物まで幅広く対応できるよう設計しています。

P

80cm仕舞の中小継のパワーロッド。
長手尻の仕掛も扱いやすい細身本流先調子で操作性も抜群です。細身の本体からは想像できない圧倒的な粘り腰と圧巻のパワー。
尺上が相手でも余裕のやりとりが可能で、対象サイズは50cmクラスまで幅広く対応しています。

P

80cm仕舞の中小継のパワーロッド。長手尻の仕掛も扱いやすい細身本流先調子で操作性も抜群です。細身の本体からは想像できない圧倒的な粘り腰と圧巻のパワー。尺上が相手でも余裕のやりとりが可能で、対象サイズは50cmクラスまで幅広く対応しています。

50cmクイックマルチシステム

50cmマルチで取り込みもスムーズ。

元上尻栓部

コインなどを使い、上図の矢印の方向に回して取り外しが可能。

穂先(ダイレクト)

先端部が回転しヨレやカラミを軽減する「からみぼうし」付き。
道糸のトップへの取り付けは、装着脱が容易にできる「ひきほどき」が最適です。
対象魚
ヤマメ
アマゴ
サクラマス
サツキマス
イワナ
ニジマス
MHタイプには50cmのマルチシステムを採用しています。
Hタイプには50cmのマルチシステムを採用しています。
がま渓流 本流SPECIAL(全国釣竿公正取引協議会認定第5825号)
品名コードタイプ標準全長(m)希望本体価格(円)標準自重(g)仕舞寸法(cm)使用材料(%)モーメント継数(本)先径(mm)元径(mm)適正ハリス(号)
20327MH8.5(8.0)79,500210120C99.6 G0.450.191.325.10.15〜0.8
20327MH9.0(8.5)82,500230120C99.6 G0.45891.325.30.15〜0.8
20329H8.5(8.0)81,500235120C99.6 G0.457.691.525.10.25〜1
20329H9.0(8.5)85,000255120C99.6 G0.465.591.525.30.25〜1
20329H9.5(9.0)89,500280120C99.7 G0.379.6101.525.50.25〜1
20014XH987,500260136.5C99.7 G0.372.781.324.50.3〜1
20328P6.870,50016580C99.7 G0.332101.320.90.3〜1
20328P7.577,00019580C99.7 G0.342.3111.322.30.3〜1

※全機種チューブラ穂先仕様
※C=カーボンファイバー、G=グラスファイバー ※モーメント=標準自重(kg)×竿尻から重心までの長さ(cm)
※上記の竿はエポキシ樹脂を使用しています。
※希望本体価格には消費税は含まれておりません。

検索をやり直す

●対象魚
●製品のジャンル
●釣りのジャンル
エサ釣り
●釣りのジャンル
ルアー・フライ
●フリーワード検索

フリーワード検索窓に入力すると上の検索条件は無視されます。

※フリーワード検索では商品名、JAN CODE、商品コードでのキーワード検索が可能です。

がまかつのフックには様々な釣種・対象魚で使用できるものがあります。
そのため、選択ボタンが複数のジャンルにわたって表示されることがあります。

ページの先頭へ