ホーム > がまかつの釣り情報 > がまかつ釣り教室 > うきまろ 海洋研究所

うきまろ 海洋研究所

海流

広い海をいつも同じ向きに流れる大きな流れが「海流」だ。海流には赤道の方から流れてくる「暖流」と極地の方から流れてくる「寒流」があるよ。
海流は貿易風や偏西風等の風がおおきな原因でできると言われているんだけど、ほかにもいくつかの原因がかさなって世界中の海を流れているよ。
日本のまわりにはおもに日本海流(黒潮)と対馬海流の暖流、千島海流(親潮)とリマン海流の寒流が流れているんだ。

潮流

潮の満ち引きによってできる海水の流れを潮流というんだ。
潮流は湾の入り口や水道等では強く早くなることが多いので気をつけよう。潮流は流れる向きや速さもどんどん変わるので注意が必要だ。

潮汐

潮の満ち引きによる水位の変化を潮汐(ちょうせき)というんだ。
潮汐は他の天体と地球の間の引力と遠心力との差によって起こるんだ。もっとも大きい影響は月のから受けているよ。月に面した海とその反対側の海は水位が高くなるんだ。月がいちばん南にあるとき(南中)と、いちばん北にあるとき(北中)に、満潮になるよ。

太陽も潮汐に影響しているんだ。満月(まんげつ)や新月(しんげつ) の時に、月・地球・太陽(新月の時は地球・月・太陽)がほぼ一直線に並ぶため、月と太陽の引力が大きく海面の変化させるんだ。このときが大潮(おおしお)だよ。
反対に半月の時には、地球から見て月と太陽はL字になって、月と太陽の引力がじゃまをして海面の変化は小さい小潮(こしお)になるんだ。

ページの先頭へ