がまかつ

HOME

  • 会社概要
  • お知らせ
  • 製品情報
  • イベント情報
  • 釣り情報
  • 採用情報

外部リンク

うきまろ 釣り用語辞典

  • うきまろ ポイント教室
  • うきまろ 海洋研究所
  • うきまろ 釣り用語辞典

ア行

あい アイ ルアーやフックにラインを通すための穴。
あいごばさみ アイゴバサミ ひれに毒を持つ魚や、掴みにくい魚を掴むために使うハサミ状の物。
あおしお 青潮 海水に含まれる硫黄の変質により、海水が白濁する現象。魚介類の大量死の一因。
あおもの 青物 アジ、サバ、ブリ、ヒラマサ等の、中層を回遊する魚の総称。背が青いことから青物と呼ばれる。
あかしお 赤潮 プランクトンが異常発生により海水や湖水が赤褐色になった状態のこと。魚が酸欠状態になるため付近からいなくなる。
あげしお 上げ潮 干潮から満潮までの時間帯を指し、魚の動きが活発になる。逆に満潮から干潮に向かう時間帯を「下げ潮」という。
あたり アタリ 魚がエサに食いつき、竿先やウキが動く等の反応が出ること。魚信とも言う。
あわせ 合わせ アタリに合わせて素早く竿をあおる等して魚の口に鈎を掛けること。
いぐい 居食い 魚が動かずにエサを食べている状態。魚の活性が低いとき多く見られる。
いっか 一荷 2尾以上の魚を同時に釣ること。
いつき 居付き 移動や回遊をせず、棲みついている魚のこと。
いとふけ 糸フケ 川の流れや潮の動き、風等で仕掛が流されたりしたときに道糸にたるみが出ること。
いれぐい 入れ食い 次々と魚が掛かってくる状態。
うぃーど ウィード 水草や藻、海草の総称。またそれらが群生している地点のことを指す。
うねり ウネリ 大きく起伏し、波長が長い波。比較的ゆっくり動き、崩れにくい。
うわもの 上物 比較的上層を泳ぐ魚種の総称。主に磯釣りのグレ、チヌを指す。
えぎ 餌木 アオリイカやコウイカ等のイカ釣りで使う疑似餌。魚の形をしている和製ルアーの一種。
えさとり エサ取り エサをかすめ取るが、鈎に掛からない対象外の魚のこと。
えだす 枝素 一本の幹糸から、木の枝のように伸びているハリスのこと。
えらあらい エラ洗い 鈎に掛かった魚が海面で暴れて鈎を外そうとする動作。スズキ等が代表的。
おおしお 大潮 新月と満月の前後の潮の干満差が最も大きくなる期間のこと。
おかっぱり おかっぱり 陸から釣る釣り、またはその釣行をいう。
おくりこみ おくり込み アタリがあったときに糸を送り出すこと。
おとしこみ 落とし込み釣り 堤防等から、エサをゆっくりと自然に落としてチヌを釣る釣り方。
おとり オトリ 鮎の友釣りで使われる。鮎の縄張り性を利用した対象となる鮎を追わせるための鮎のこと。
おふしょあげーむ オフショアゲーム 船を用いた沖合いでの釣り。
おやばり 親鈎 2本鈎仕掛の大きい方のメインになる鈎。小さな方の鈎は孫バリと呼ばれる。

カ行

かかりづり かかり釣り 固定されたイカダの上から釣ること。船をイカリやロープ等で固定して釣る場合もある。
かけあがり かけ上がり 水底の深場から浅場の方へ向かう急な斜面。良いポイントとされる。
かけこみ かけ込み 鈎掛かりした魚が水中の障害物にもぐったりすること。バラシの原因となる。
かみつぶし カミツブシ ラインに止めやすいよう、割れ目が入ったオモリ。ワリビシとも言う。球形のものはガンダマと呼ばれる。
がんだま ガンダマ ラインに止めやすいよう、割れ目が入った丸形のオモリ。
きすいいき 汽水域 河口部等淡水と海水とが入りまじるところ。エサとなるプランクトンや小動物が多く、カレイやクロダイ等はこの水域を好む。
きゃっち あんど りりーす キャッチ&リリース 釣った魚を放すこと。
くいがたつ 食いが立つ 潮回りやマキ餌の効果等で魚の活性が上がり、食いが活発になること。
けーそん ケーソン 防波堤を構成するコンクリートブロックの基礎部分。箱状または円筒状で、鉄筋コンクリート製。
けしこみ 消し込み ウキが一気に水中へと引き込まれること。
げどう 外道 本命以外の魚種。
こうかい 降海 産卵のための川から海に下っていくこと。
こっぱ 木っ葉 釣りの対象にならない小さな魚を木の葉にたとえた呼び名で、多くは幼魚。
こませ コマセ 魚を集めるためのマキ餌、寄せ餌のこと。
ごもくづり 五目釣り 多数の種類の魚を一回の釣行で釣ること。

サ行

さーふぇいす サーフェイス 水面、表層に近い水深。
さかしお 逆潮 主流の潮と逆に流れる潮のこと。
さきちょうし 先調子 一般に竿の手元から見て7:3の部分に曲がりの支点がある竿のことを言う。
さしえ 刺し餌 鈎に付けるエサのこと。
さびきばり サビキバリ 疑似餌鈎の一種。アジ、サバ等を釣るときによく使われる。
さらし サラシ 磯の岩礁や防波堤、川の起伏等で波や砕け、白く泡立っている状態。
さるかん サルカン 道糸とハリスの接続部に使う連結金具。ヨリモドシとも言う。
じあい 時合い 魚の活性が高まる時間帯のこと。
しおうら 潮裏 潮が当たらない場所のこと。潮流があたる表面の裏側にあたるので潮裏と言われる。
しおおもて 潮おもて 沖から来る潮が、直接当たる場所。
しおだるみ 潮だるみ 海水が動かなくなった状態。潮止まりともいい、魚の食いは悪くなることが多い。
しおとうし 潮通し 海水の流れ。潮通しが良いは魚影が濃く、活性も高いので釣りやすいとされる。
しおめ 潮目 複数の潮流がぶつかるところ。魚が集まりやすい。
しかけ 仕掛 魚を釣るためのミチイトから鈎までのこと。竿やリールを含めて総称することもある。
じぐ ジグ 金属製の重いルアー。種類も用途も多岐にわたる。
しもり シモリ 干潮時でも水面下にある岩礁。魚が集まるポイントとされている。
しもりうき シモリウキ 道糸に数個つなげた状態で使うウキ。シモリ玉とも言う。
じゃーく ジャーク ロッドを大きくあおって、ルアーを断続的に動かすこと。
しんかー シンカー オモリのこと。
すかり スカリ 釣った魚を入れて生かしておく水槽や網のこと。
すとらくちゃー ストラクチャー 構造物。天然または人造のものがあり、魚の棲家になる。
すとりんがー ストリンガー 釣った魚を生きたまま確保するための、金属製の器具。
渓流、川等の比較的浅く流れが速い場所。
そことり 底とり オモリを水底につけて水深を把握すること。
そこもの 底物 イシダイ、イシガキダイ、クエ、アラ等を指す。

タ行

たな タナ 対象魚が泳いでいる遊泳層のこと。
たなとり タナ取り 魚がいる遊泳層を探り、その深さに仕掛を合わせること。
たっくる タックル 釣り道具のこと。
たも 手網 玉網、タマとも言う。魚を取り込むときに使う網のこと。
ちからいと 力糸 主に投げ釣りで使う。道糸とオモリとの間に結ぶ道糸より太い糸。竿を振り切った時に衝撃で道糸が切れるのを防ぐ役目がある。
ちちわ チチワ 糸に作った輪のこと。糸と穂先、糸と糸、糸と金具等を結ぶ時に作る。
ちもと チモト ラインを結ぶ鈎の軸。ラインを結ぶために平たく加工されている部分は、タタキまたは耳という。
ちゅうづり 宙釣り ウキを使わずに竿先でアタリをとって釣ることを指し、イシダイ、スズキ等で使う。元々は中層を釣ることをさす川釣り用語。
ちょうか 釣果 ちょうか。釣り上げた魚種の数や重さ等で評価する。
ちょうこう 釣行 釣りに出掛けることを言う。
ちょうしゅ 釣趣 ちょうしゅ。釣りの趣や味わい、面白さのこと。
ちょんがけ チョン掛け エサの全体に鈎に通さず、尻尾や頭部、背中等を鈎先に浅く、ちょっと刺すこと。エビ、虫、小魚等の生き餌にもよく使う。
ちんしょう 沈床 水流を和らげる為、人工的に水中に沈めて設置されている障害物。
つけえ 付け餌 ハリに付けるエサのこと。
てんから テンカラ 渓流釣り用の毛鈎。川魚漁の道具がルーツといわれる。
てんびん テンビン 仕掛が絡むのを防ぐため、道糸とオモリの間に使う天秤状の道具。多くは金具製。ジェットテンビン等がある。
てんや テンヤ オモリに鈎の軸を埋め込んだ仕掛。イカ釣りやタチウオ釣り、コチ釣り等に使用する。タコテンヤ、マダイテンヤ等専用のものもある。
とぅいっち トゥイッチ ロッドを細かくあおりながら、ルアーに不規則な動きを与えること。ジャークよりも小さな動き。
どうちょうし 胴調子 一般に竿の手元から見て6:4の部分に弾力の中心がある竿のことを言う。
どうつき 胴突 何本かの枝ハリスが付いた幹糸の最下端にオモリが付いた仕掛。
とせん 渡船 沖の磯や堤防へ釣人を渡してくれる船のこと。
とばしうき 飛ばしウキ 仕掛を遠くに飛ばすため、重めに作られたウキ。アタリウキとセットで使うことが多い。
とも トモ 船の船尾の部分。反対側すなわち船首部分をミヨシと言う。
ともづり 友釣り 「なわばりを持つ」アユの習性を利用した、おとりを利用してアユを誘う日本独特の釣法。
とりこみ 取り込み 釣った魚を水面から引き上げ、確保すること。手や網の他、大型のものにはギャフ(手鈎)を使う場合もある。
とりやま トリヤマ 魚の群れに、海鳥が集まっていること。海鳥に襲われ逃げ惑う小魚を狙った大物も集まり、船釣りにおける絶好のポイントとなる。

ナ行

なかいと 中糸 道糸とハリスの中間に結び、クッションとして使う。道糸とハリスの号数の差が大きいときに使う。
なかしお 中潮 大潮と小潮の間、干満の差が中ぐらいの潮。
ながしお 長潮 小潮の最終日、干満の差がほとんどない潮。
なかとうし 中通し オモリやウキの中心に糸を通すための穴が開いたもの。
なぎ 風も波もなく、海面が静かな状態。
なぶら ナブラ 小魚の群れが、青物やスズキ等捕食者の大型魚に追われ水面を逃げ惑う様子。
にまいじお 二枚潮 深さによって、潮の流れの速さや方向が違うこと。仕掛が思わぬ方向に流される等、釣りづらい。
ぬいざし 縫い刺し エサのつけ方。鈎で2〜4回縫うようにしてエサを刺す。
海底にある岩礁のこと。魚が集まる好ポイントとなることが多い。
ねがかり 根掛かり ハリやオモリ等の仕掛が、水中の岩礁や植物、構造物に引っ掛かること。「地球を釣る」とも言う。
ねざかな 根魚 岩礁地帯に生息する魚種の総称。カサゴ、ソイ、アイナメ、メバル等や、ハタ、クエ等も含む。
ねずれ 根ズレ ラインが水中の障害物に摺れて傷つくこと。
のうかん 納竿 その日の釣りを終えること。
のされる のされる 魚の強い引きにより、竿と道糸がまっすぐになってしまうこと。
のっこみ 乗っ込み 魚が産卵等のために、浅場までやってくること。この時期の魚は活性が上がりよく釣れる。

ハ行

ばーぶれす バーブレス 鈎のモドリ(かえし)がないもの。
ばいと バイト アタリ、魚信のこと。
はえ ハエ 南から吹く風。時化の前に多い。
はえね ハエ根 磯の先端から、さらに海面下に張り出している岩礁。
ばっくらっしゅ バックラッシュ 両軸リールで、ラインの出る量に対してスプールが回転し過ぎ、余分な糸が出てからまる状態。
はなかけ 鼻掛け 魚の鼻に鈎を通してエサにすること。
はなかん ハナカン 鮎釣りで、オトリに仕掛をつけるためにオトリの鼻に通す金属製の輪。
はやあわせ 早合わせ アタリがあった瞬間に早く合わせること。
ばらす ばらす 鈎に掛かった魚を、釣り上げるまでに逃がしてしまうこと。
はりす ハリス 鈎に結び、道糸と鈎をつなぐ糸。普通道糸より細い糸を使う。
ひきづり 引き釣り 仕掛を投入したあと、ゆっくり巻き戻しながら釣る釣り方。
ひきとうし 引き通し ウキやオモリで、中心にラインを通すための穴が作られているもの。中通しとも言う。
ひっと ヒット 魚が鈎掛かりすること。
ひろ 両手を左右に広げた長さ。狙うタナの水深を表す単位としても使われる。1ヒロ=約1.5m
ふかせ フカセ エサが自然に流れ落ち込むように、ハリのみでオモリを付けずに釣る方法。磯釣りにおける釣り方の一つ。
ふさがけ 房掛け 一つの鈎に、エサをたくさん付けること。エサを目立たせることが狙い。
べいとふぃっしゅ ベイトフィッシュ 対象魚のエサとなる魚のこと。
べたなぎ ベタナギ 無風で、波もなく、海面が鏡のように穏やかな状態。
へち へチ 波止の堤壁のすぐ近くを指す。よく釣れるポイントである。
ぼいる ボイル 小魚を主食としている魚が小魚を追いかけるため、追いかけられた小魚が逃げ回って水面を跳ね回る姿。
ぼいる ボイル 磯釣りで使うオキアミの一種類。収穫されてすぐ船上で茹でられたもの。
ぽいんと ポイント 釣り場全体の中でも、魚が集まる、狙いどころとなる場所。
ぼうず ボウズ 魚が一匹も釣れないこと。オデコともいう。
ぼとむれんじ ボトムレンジ 底に近い層のこと。
ぽんぴんぐ ポンピング 大物が掛かった時、素早く竿を倒しながらリールを巻き、竿をあおり魚を引き寄せる動作を繰り返すテクニック。

マ行

まきえ マキ餌 魚を集めるために撒くエサ。海釣りでは集魚材とオキアミを混ぜたものが多い。コマセ、寄せ餌。
まごばり 孫バリ 2本鈎仕掛の補助的な役割のハリ。メインのハリは親バリと言う。
まずめ マズメ 日の出と日没前後の、薄明るい時間帯。魚の警戒心が解け、食いが活発になる時間帯とされる。朝マズメ・夕マズメ。
みきいと 幹糸 枝ハリスを付ける幹となるラインを指す。
みちいと 道糸 竿と仕掛をつなぐライン。通常、ハリスよりも太い。リールの場合はスプールに巻いてあるラインになる。
みどるれんじ ミドルレンジ 中層のこと。
みみ ラインを結ぶために平たく加工されている鈎の軸の部分。タタキともいう。
みゃくづり 脈釣り 「みゃくづり」と読む。脈が伝わってくる釣りの意味。ウキを使わず、アタリを直接竿でとる。
みよし ミヨシ 船首。船の先端部のこと。
むこうあわせ 向こうアワセ 特に合わせの動作をしないのに、魚の方から勝手に鈎に掛かること。
むしえさ 虫餌 サシエのゴカイ、イソメ等多毛類の総称。
もたれ モタレ 魚がエサを食う感触が、わずかに竿先に伝わること。

ヤ行

ゆうぎょりょう 遊魚料 漁業協同組合等が漁業権を持つ釣り場で釣りをするときに、管理者に支払う料金。
よぶ ヨブ 潮や波によって砂底にできる砂、砂礫の盛り上がり。投げ釣りの好ポイントとなる。砂底で仕掛を引いて、重くなるところがカケアガリやヨブ。
よりもどし ヨリモドシ 道糸とハリスの接続部に使う連結金具。サルカンとも言う。

ラ行

らいふじゃけっと ライフジャケット 救命胴衣。船釣りだけでなく、防波堤や磯でも必ず着用したい。
らいん ライン 道糸。竿から仕掛までを結ぶ釣り糸。
らん&がん ラン&ガン 岸を次々に移動して、一箇所に留まらず常に移動しながら多くのポイントを探ること。
らんかー ランカー 大物のこと。ほとんどの場合魚種によっての基準があり、その基準を超えた物を指す。
りーふ リーフ サンゴや岩礁でできた浅い棚床。
りょうじく 両軸 糸を出す方向に対して、釣糸を巻き取るスプールの軸が水平に付いたリール。巻き取る力が強く、微妙なコントロールが得意。ベイトリール、チヌリール、トローリング用リール等。
ろっくふぃっしゅ ロックフィッシュ 根魚のこと。

ワ行

わーむ ワーム 柔らかい、樹脂等で出来たルアー。
わかしお 若潮 小潮、長潮のあと、干満が大きくなってくる初日のこと。
わりびし 割りビシ ラインに止めやすいよう、割れ目が入れが入ったオモリ。カミツブシとも言う。球形の小さなものはガンダマという。
われ ワレ 底岩に割れ目や溝がある場所のこと。底物や根魚のポイントになる。
わんど ワンド 湾状になった小さな入り江、くぼみ。魚が集まりやすい好ポイント。

> がまかつ釣り教室トップへ戻る

オーダー限定品についてオーダー限定品について

販売店リスト販売店リスト

パーツ価格表パーツ価格表

がまかつ