ホーム > イベント情報 > 大会情報(G杯) > 2016年G杯スケジュール > 第38回G杯争奪全日本ヘラブナ釣り選手権 大会結果報告

第38回G杯争奪全日本ヘラブナ釣り選手権
大会結果報告

大会
第38回G杯争奪全日本ヘラブナ釣り選手権
主催
株式会社 がまかつ
日時
平成28年10月16日(日)~17日(月)
場所
茨城県筑西市 筑波湖

8尺チョウチンセットで見事な追い上げ!
宮森第一選手が4度目の挑戦で念願の初V!!

縦誘いと効き合わせの融合体で筑波湖の良型ヘラをモノにした宮森大一選手(43=椎の木湖)が初のG杯を獲得した。「第38回G杯争奪全日本ヘラブナ釣り選手権」(主催・がまかつ)が10月16、17日、茨城県筑西市の管理釣り場「筑波湖」で開催された。全国5会場から予選を通過した30選手(シード選手を含む)が参加、釣ったヘラブナの総重量を競った。決勝戦は17日午後1時から準決勝戦勝ち上がりの5選手に、ワイルドカード(各組2位の最上位)1選手を加えた6選手で競われ、8尺チョウチンのセットで終盤、見事な追い上げをみせた宮森選手が28.2kg(32匹)釣り、26.4kg(31匹)の天笠充選手(45=椎の木湖)に逆転勝ちし、価値あるG杯を手にした。3位には今大会最年少の時田光章選手(28=千石の池)が20.2kg(23匹)で入った。昨年優勝のバスプロ前山智孝選手(41=シード)は予選2、3回戦で伸び悩み敗れた。

【ヒーロー 宮森第一選手】

宮森大一選手 顔写真

縦誘いと効き合わせの融合体
自分なりの釣り方
二人の師匠から贈られた「ウキ」と「言葉」

対岸の桟橋から見るギャラリーの視線が、宮森選手の竿を持つ手の動きに注がれる。微妙な誘いを繰り返し、フッと入るアタリを合わせて竿のパワーに乗せて引く。得意の「縦誘いと効き合わせの融合体」(宮森選手)で2時間半確実に食わせ、全国大会4度目の挑戦で念願の頂点に立った。
「このメンバーでまさか優勝できるなんて思ってもなかった。うれしいです」。表彰台では、試合中の厳しい表情が一転、あふれんばかりに笑顔に変わった。
ヘラブナ釣りを覚えたのは「中学生のころ」。「同級生に釣り方を教えてもらって」始めたが、わずか半年で竿を置いた。
そして「仕事のストレスを発散するつもり」で再び竿を持ったのが7年前。埼玉・羽生市の椎の木湖を訪れ、ポイントなどを教えを受けたのが後に師匠となる従業員の荻原健一さん。その後も釣り方などのアドバイスを受けながらスキルアップ。トーナメントに出るようになると荻原さんからもう一人の師匠になるウキ制作者の山畑耕作さんを紹介され、提供を受ける。
二人の師匠に出会って後に「やってみろ」と教えられたのが「縦誘い」。「これを覚えたら人の倍は釣れる」と言われ「何回も何回も練習して自分なりにアレンジした」釣り方でG杯4度目の全国大会。
「最もきつい準決勝戦」の壁を越え、決勝戦の大舞台。「審査員に熊谷(充)さんが就いて緊張で手は震え、バラケを落とすなどガチガチだった」が「絶対に釣れる」と山畑さんから贈られたウキを使い、荻原さんの「1匹釣れば落ち着く」の言葉を思い出し、15投目で食わせてからは徐々に本来のペースを取り戻す。ウキの落下速度に神経を集中させ、途中のアタリが決まりだして好釣果へと結び付けた。
「今回は運で勝ったようなもの。池によってはこの釣り方が合わないこともありますから、一からやり直します」。次の大会で宮森選手は新しい引き出しから、再び緻密な技を披露してくれることを期待したい。

【竿】軽くてトルクがありしっかり引ける、疲れない
がまへら 紬(つむぎ)8尺

数ある竿の中でも「紬」は大好きなひとつです。まず軽くてトルクがあるから、しっかり引けるところが気に入っています。それに低価格なのもうれしいです。
今回のように縦誘いの釣りでは、シャクリや誘いを掛け続けるため、途中から疲れてくることが多いのですが、この「紬」は、ヘラブナが掛かっても竿にパワーがあるためチョウチンでも適度に引けます。だから終日、振っていても疲れることはありません。メーターの釣りをする友人も「軽い割にパワーのあるのが気に入っている」と愛用しています。
この時期は8尺の方が扱いやすいのですが、冬場は9尺にします。これからも私の釣りには手放せない最高の相棒です。

【ハリ】しっかりバラケを持たせてくれる
改良ヤラズ金 9号

私の釣り方にはこの大きなハリ「改良ヤラズ金 9号」でないと成立しません。軸は中ぐらいの太さですが、しっかりバラケを持たせてくれますし、このサイズだと調整がすごくしやすいので気に入っています。一昨年、「へらぶなチーム対抗戦東日本大会」で優勝し、副賞でいただいて以来、ずっと使っています。

ウドン餌に最適!自然に口元に掛かる
コム 4号

ウドンのエサには最適で、大好きな食わせバリです。ハリ先がしっかりしていて刺さりも申し分ないから、スッポ抜けもほとんどありません。自然にヘラの口元に掛かっている感じを受けます。多少、軸が太い気もしますが、食い込みには全く影響ありません。
大会前の試釣や予選2回戦までは「コム5号」を使いましたが、乗って来なかったので3回戦から4号に替え、しっかり合ってくれました。この先も信頼して使い続けます。

【宮森大一選手 プロフィール】
宮森大一(みやもり・たいち)
1972年(昭和47年)12月26日生まれ、43歳。埼玉県戸田市在住。会社員。ヘラブナ釣り歴8年。ホームグラウンドは、椎の木湖(埼玉県羽生市)。釣行は平均2週間に1度。所属クラブなし。

談話

2位・天笠充選手の話
2位・天笠充選手の話 決勝戦はあと10分ウキを上げるのを早くすればよかった。開始から1時間して順に負荷のあるウキに替えていき、合った4本目に至るのが遅かったです。あと2、3匹釣れたのに残念です。来年は是が非でも優勝したいと思います。
竿 がまへら 凛刀 迅 9尺・ハリ上=改良ヤラズ7号、下=コム5号
3位・時田光章選手の話
決勝戦は口を使うやる気のあるヘラブナを強気に引き抜く釣りに徹したのですが、そこが落とし穴で失敗でした。天笠さんや宮森さんのようにセッティングをしないと続かないですね。来年は頂点を取ります。任せてください。
竿 がまへら 紫峰天月9尺、8尺・ハリ上=アラシ6号、下=コム4号
審査委員長の話
棚網久審査委員長の話 予選は好天、大雨など釣り場の環境の変化があって選手には厳しい戦いとなりました。決勝戦は雨があがり、与えられた場所でどう釣っていくか選手の技量が試されるところでもあります。そうした状況のなか、優勝した宮森選手は環境が変わっても合わせていける技量を持っていました。来年、違った釣り場でどう釣っていくのか楽しみです。
今年も他の大会にはみられない日曜、月曜日の開催にしました。混雑の日曜、空いた平日とどちらでも釣りこなせるところに着目しました。選手の技術によって違った環境でも技量を発揮してこそ、価値のある勝者だと思います。

決勝戦結果

順位 ゼッケン 氏名 代表会場 釣座 重量(kg)/
フラシ交換(回)
枚数
優勝 30 宮森大一 椎の木湖 429 28.2/4 32
準優勝 24 天笠 充 椎の木湖 427 26.4/3 31
第3位 13 時田光章 千石の池 423 20.2/3 23
4 23 佐藤 勝 椎の木湖 425 17.0/2 21
5 25 奥 貴至 ひだ池 421 15.8/2 19
6 9 松本茂行 富里乃堰 419 14.4/2 16

準決勝結果

【1組】
ゼッケン 氏名
代表会場
釣座 釣果 総重量 順位
17 廣部良治
富里乃堰
320 9.4 11.8 3
4.0
 
24 天笠 充
椎の木湖
322 10.0 19.0 1
10.6
 
2 内田節夫
椎の木湖
324 10.2 14.6 2
6.0
 
【2組】
ゼッケン 氏名
代表会場
釣座 釣果 総重量 順位
21 伊丹信人
千石の池
326 9.4 9.4 3
 
 
23 佐藤 勝
椎の木湖
328 10.4 12.6 1
3.8
 
1 伊藤正弘
甲南へらの池
330 10.0 12.0 2
3.6
 
【3組】
ゼッケン 氏名
代表会場
釣座 釣果 総重量 順位
28 岩本俊秀
甲南へらの池
434 10.8 15.0 2
5.8
 
14 小沢芳彦
甲南へらの池
432 10.4 14.6 3
5.8
 
30 宮森大一
椎の木湖
430 10.6 21.0 1
12.0
 
【4組】
ゼッケン 氏名
代表会場
釣座 釣果 総重量 順位
8 伊藤泡舟
シード
428 9.0 14.4 3
7.0
 
10 都祭義晃
ひだ池
426 10.2 17.0 2
8.4
 
25 奥 貴至
ひだ池
424 10.2 20.6 1
12.0
 
【5組】
ゼッケン 氏名
代表会場
釣座 釣果 総重量 順位
9 松本茂行
富里乃堰
422 11.6 19.0 1
9.0
 
13 時田光章
千石の池
420 8.8 18.2 2
10.2
2.4
4 岩泉和斗
椎の木湖
418 10.0 15.4 3
7.0
 

※時田光章選手がワイルドカード獲得。

予選リーグ戦結果

【予選1組】
ゼッ
ケン
氏名
代表会場
第1試合 第2試合 第3試合 総重量 順位
釣座 釣果 釣座 釣果 釣座 釣果
1 伊藤正弘
甲南へらの池
314 11.8 17.0 434 9.6 10.6 321 6.6 6.6 34.2 1
6.4 2.6  
     
2 内田節夫
椎の木湖
315 10.2 12.0 433 9.4 9.4 323 11.0 11.0 32.4 2
3.0    
     
3 藤田秀美
甲南へらの池
316 6.8 6.8 432 3.8 3.8 322 6.4 6.4 17.0  
     
     
4 岩泉和斗
椎の木湖
317 10.4 11.6 431 10.0 10.0 326 9.8 9.8 31.4 3
2.4    
     
5 鈴木富士男
富里乃堰
318 7.0 7.0 430 3.0 3.0 325 6.6 6.6 16.6  
     
     
6 結城勝彦
千石の池
319 8.8 8.8 429 8.0 8.0 324 4.0 4.0 20.8  
     
     
【予選2組】
ゼッ
ケン
氏名
代表会場
第1試合 第2試合 第3試合 総重量 順位
釣座 釣果 釣座 釣果 釣座 釣果
7 浜中憲篤
甲南へらの池
321 3.6 3.6 417 9.6 10.0 329 2.6 2.6 16.2  
     
     
8 伊藤泡舟
シード選手
322 10.0 10.0 419 7.4 7.8 332 6.4 6.4 24.2 3
     
     
9 松本茂行
富里乃堰
323 7.8 7.8 420 9.8 10.2 333 8.2 8.2 26.2 2
     
     
10 都祭義晃
ひだ池
324 11.0 12.8 418 8.6 9.0 331 9.4 9.4 31.2 1
3.4    
     
11 岡田健司
ひだ池
325 9.4 9.4 416 5.6 6.0 328 8.6 8.6 24.0  
     
     
12 山内剛史
甲南へらの池
326 10.0 11.2 415 5.4 5.8 330 3.4 3.4 20.4  
2.4    
     
【予選3組】
ゼッ
ケン
氏名
代表会場
第1試合 第2試合 第3試合 総重量 順位
釣座 釣果 釣座 釣果 釣座 釣果
13 時田光章
千石の池
328 9.4 9.4 422 4.6 4.6 315 10.0 16.6 30.6 2
    8.2
     
14 小沢芳彦
甲南へらの池
329 9.2 9.2 423 8.6 8.6 317 10.0 13.4 31.2 1
    5.0
     
15 石川 準
ひだ池
330 8.4 8.4 424 10.0 10.0 316 8.2 8.2 26.6  
     
     
16 岩佐 進
ひだ池
331 7.0 7.0 427 7.4 7.4 318 8.6 8.6 23.0  
     
     
17 廣部良治
富里乃堰
332 8.0 8.0 425 6.4 6.4 314 9.2 16.2 30.6 3
    8.6
     
18 田尾幹夫
椎の木湖
333 9.4 11.2 426 7.0 7.0 319 8.4 8.4 26.6  
3.4    
     
【予選4組】
ゼッ
ケン
氏名
代表会場
第1試合 第2試合 第3試合 総重量 順位
釣座 釣果 釣座 釣果 釣座 釣果
19 國松政美
富里乃堰
429 5.8 5.8 323 3.8 3.8 426 6.2 6.2 15.8  
     
     
20 板倉千方
富里乃堰
430 4.8 4.8 325 5.8 5.8 425 7.4 7.4 18.0  
     
     
21 伊丹信人
千石の池
431 10.2 10.2 322 2.4 10.2 427 5.2 5.2 25.6 3
  9.4  
     
22 前山智孝
シード選手
432 8.8 8.8 326 6.2 6.2 424 7.0 7.0 22.0  
     
     
23 佐藤 勝
椎の木湖
433 7.8 7.8 324 8.2 8.2 422 3.8 12.2 28.2 2
    10.0
     
24 天笠 充
椎の木湖
434 9.8 14.2 321 8.0 8.0 423 11.0 18.2 40.4 1
6.0   8.8
     
【予選5組】
ゼッ
ケン
氏名
代表会場
第1試合 第2試合 第3試合 総重量 順位
釣座 釣果 釣座 釣果 釣座 釣果
25 奥 貴至
ひだ池
422 12.0 14.8 328 6.2 6.2 432 7.8 10.2 31.2 2
4.4   4.0
     
26 板平寛光
シード選手
423 8.8 8.8 329 7.0 7.0 434 9.0 12.8 28.6  
    5.4
     
27 佐賀真一
富里乃堰
424 6.0 6.0 331 5.6 5.6 433 6.8 14.2 25.8  
    9.0
     
28 岩本俊秀
甲南へらの池
425 8.6 12.4 332 9.4 9.4 429 7.0 7.0 28.8 3
5.4    
     
29 清丸勝正
甲南へらの池
426 4.0 4.0 330 4.2 4.2 431 8.0 8.0 16.2  
     
     
30 宮森大一
椎の木湖
427 10.0 12.4 333 7.0 7.0 430 12.0 12.0 31.4 1
4.0    
     

※敬称略

ページの先頭へ